最適なプラン

不動産を売却しようと考えたとき、ふと、本当に最適な資産の活用ができているのかといった疑問を感じる人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

実際に、不動産という資産を活用するためには、保有している不動産の状況や、将来のライフプランなど、それぞれに応じた活用の方法があります。 ただ、何が最適で、何が最適じゃないのかは、個人の力では、計り知れない部分があります。
そういった際に、力強い味方になってくれるのが、不動産会社です。

■ 売却か賃貸か?

実際に不動産の資産活用を考えたとき、売却によって生まれるメリット・デメリット、賃貸に出した場合に生まれるメリット・デメリットは異なるものになります。

転勤で一時的に住まいを離れる際に売却してしまうと、戻ってきた際に住める家を探さなくなってしまったりといったリスクが発生します。 そういった際には、一定の期間、不動産を賃貸に出し、賃貸収入を得ながらのライフスタイルを選択するほうが、多くのメリットを受けることができるケースもたくさんあります。

また、賃貸収入と言っても、もしその後、不動産の価格が下落してしまうなどのリスクが想定されている場合は、早めに現金化してしまう売却のほうがメリットを生めるケースもあります。

資産の活用でお悩みの人には、不動産会社が提供している、売却・賃貸W査定というものがありますので、売主であるお客さまのライフプランに合わせて、本当に最適な資産活用の方法をアドバイスしてもらえます。